深刻性のある睡眠障害【早めの対策がカギとなる】

女性

心の病気のチェック

女性

東京は、近代化が著しい地域ですので、心の病気が多いので、チェックすることが大切です。例えば、うつ病は全国的に増えている病気ですが、東京ではとくに増加するようになっています。したがって、東京で生活する際に不調が出始めたら、念のため心療内科を受診すると安心です。

もっと見る

心の病を治す

医者

心がストレスと戦い過ぎて疲れた時には、埼玉の心療内科などの医療機関でのカウンセリングが良いでしょう。今後は、今以上に心の病を抱えている人も増加していくことから多くの人がカウンセリングを受けることになり、病院の需要は高くなると考えられます。

もっと見る

精神病との戦い

相談

私は今から約15年前の35歳の時に仕事で管理職になったことを機に、不眠ややる気が起こらなくなり心療内科の病院で診てもらったところうつ病との診断を下されました。私は三ヶ月間会社を休み治療を受けその後リハビリを行い会社復帰することが出来ました。

もっと見る

睡眠に関する悩み

医者

5人に1人が悩んでいます

日本人の5人に1人が睡眠に関して悩んでいるという調査結果があります。不眠症だけでなくいびきや寝言等の睡眠に関する悩み全てを睡眠障害と呼んでいます。そのため種類は非常に多く、睡眠障害国際分類ICSD-2では約90種類が紹介されています。これらを大きく分類すると4つに分けられます。そのうちの一つは睡眠異常です。これは心理的なものや睡眠に適していない寝室環境や薬物など身体以外に原因があるものです。また夜勤などによる睡眠のタイミングが原因になるタイプもこの中にはいります。2つめは睡眠時随伴症状によるものです。寝ぼけや子供に多いとされる夜驚症などがあります。3つ目は内科的精神的障害に伴う睡眠障害でうつ病や痴呆症などの病気によって睡眠が妨げられるケースです。4つ目のその他の睡眠障害は喘息や胃潰瘍などの呼吸困難や疼痛などで不眠が起きてしまうケースです。このように睡眠障害は子供から高齢者まで幅広い年代でおきています。

診断と治療

睡眠障害は生活習慣や睡眠状況の十分な問診によって大半は診断されます。しかしそうでない場合は「睡眠ポリグラフィ」という検査を行なう時があります。この検査は睡眠中の脳波や心電図などを様々なセンサーをつけて行なうため、入院検査となります。治療は適切な睡眠リズムを保てるような指導から始ります。それでも改善しない場合は睡眠薬などを使用する薬物療法になります。睡眠薬というと依存症など怖いイメージを持つ人も少なくありません。しかし現在使用される睡眠薬は大量に飲んでも命を落す危険性はなく、依存性も低くなっています。ですから医師の指示に従い正しい用法用量を守れば全く問題ありません。睡眠薬は対症療法となります。ですから睡眠時無呼吸症候群やうつ病など睡眠障害の原因になっているものを改善する必要もあります。

Associated Link

  • StressReduction

    育児のストレスで心がつまりそうになっている人はサイトに記載されている内容を確かめてみましょう。詳しくはこちら!